« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

2014 長谷川慶太郎の大局を読む

  • アメリカの駐日大使は政治経験のないキャロライン・ケネディで十分。なぜなら、日米間には懸案事項がないから。彼女は日本の観光地を回って、それをアメリカに紹介できればそれで十分。
  • ヨーロッパは停滞するが、ドイツだけは例外。結局、ドイツがヨーロッパを引っ張ることになる。
  • 中国のシャドーバンキングの元締めは人民解放軍の幹部。シャドーバンキングが崩壊すると、人民解放軍も痛手を受ける。
  • 新興国というのは、かつては、東南アジアの国や冷戦崩壊後の東欧の国を指しており、最近ではBRICsと呼ばれる国を指しているが、経済大国にテイクオフした事例は少ない。
  • それは、新興国のなかで経済的にテイクオフするための4つの条件を備えている国がほとんどないからである。その4つとは、(1)民族対立がないこと、(2)農地改革が行われていること、(3)民主主義が確立していること、(4)教育水準が高いこと、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »