« 【八重の桜 感想】 松平容保という人 | トップページ | NHKドラマ 七つの会議 感想 »

2013年7月27日 (土)

【書評】「王城の護衛者」 松平容保という人(その2)


大河ドラマを見て、松平容保という人を知りたいと思って読んでみたのだが、一番知りたかったことが書いてなくて、残念。

江戸からの立ち退きを命ぜられてから、会津戦争が始まるまでの間、松平容保が自分の立場、戦争の回避方法について、どのように考え、どのような手を打ったのかについて知りたかったのだが、その部分はスルー。

単に「嘆願状を数十通も書いた」としか書かれていないから、本当に嘆願状を書き連ねる以外はやっていないかもしれないと思ってしまった。

ただ、「松平容保も会津藩も、まじめなだけで、政治を分かっていない」という評価は司馬遼太郎と同じであることを確認できたので、その点については収穫だった。

司馬遼太郎、曰く、

  • 容保は無能すぎるほどの沈黙を黒谷本陣でつづけていた。この男とその重臣は、宮廷に関する裏面工作がまったくできなかった。
  • 京の会津藩の機構はこれ(薩長同盟)を探知できなかった。黒谷にいた容保はあいかわらず薩人を、「孝明帝の忠臣」という点で同志だと信じていた。
  • 「一時は策謀が勝つ。しかしやがては至誠なるものが勝つ」が、この天性、政治的感覚が欠けていた男がもっている唯一の政治哲学というものだった。この政治哲学によって容保は足掛け七年の京都生活を送り、いささかの大過もなかった。
  • 普通の身分に生まれていれば、学者にでもなっていただろう。学者として特にすぐれた創造性はもたなかったかもしれないが、先哲の学問を祖述できるほどの程度の学者にはなっていたはずだった。

|

« 【八重の桜 感想】 松平容保という人 | トップページ | NHKドラマ 七つの会議 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/52630042

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】「王城の護衛者」 松平容保という人(その2):

« 【八重の桜 感想】 松平容保という人 | トップページ | NHKドラマ 七つの会議 感想 »