« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

なぜ、シャープはサムスンに負けて、トヨタはヒュンダイに負けなかったのか?

ともに製造業で、日本円と韓国ウォンの為替相場の影響を受けたが、シャープはコテンパンに負けて、トヨタはつけ入る隙も与えなかった。この両者の違いはどこから来たのだろうか? この問題は考えるに値する問題だと考えられる。

◆技術のレベルが肉薄するところまで来ていた
サムスンは技術的には、シャープやパナソニックに肉薄するところまで来ていたが、ヒュンダイはトヨタとはまだ距離があった。
サムスンは、「技術的に同じなら、為替のおかげで安い方がいい」ということで、日本企業に比べて競争力を獲得することができたが、ヒュンダイは、技術的に負けているから、安くても買わないという消費者の選択を受けることとなった。

◆為替的に有利だからといって、増産のレベルに限界があった
 液晶であれば、工場を作って、材料をぶち込んで、24時間操業にすれば、とにかくたくさん作れるが、自動車は製造プロセスが複雑で、為替が有利だからといって、すぐには増産体制には移れなかった。

◆経営者の力量
 投資に関する意思決定の速さが重要な要素となりうる液晶分野で、サムスンのイ・ゴンヒ会長は、独裁体制を確立して、すべての情報を集約して、迅速に意思決定する体制を作り上げた。一方のシャープは、日本的意思決定の遅さからは抜け出せていなかった。
 また、持続的なカイゼンが必要な自動車業界では、トヨタが巨大戦艦であるトヨタという企業の船長たる社長とその他の船員の役割分担を明確にした体制を作り上げていた。
 (ヒュンダイについてはよく知らない・・・・)

◆投資構造の違い
 液晶では、研究開発と工場の建設には巨大な資金が必要になるが、製造段階ではガラスの板と無理つける薬品があればよく、コスト構造は、初期投資は大きいが、運用段階ではコストがかからない固定費型である。よって、投資が終わって、順調にいけば儲けることができるが、投資が終わった後に想定外のことが起こっても対処することができない。
 一方の自動車産業では、研究開発と設計に金がかかるといっても、売価の半分は製造コストな訳で、それなりの変動費型産業である。よって、液晶に比べれば、製造開始後の市場変動には調整余地が大きい。

◆円安のタイミング
 液晶テレビが本格的なになったのは2000年代に入ってからで、当初、比較的円安傾向が続いた。
 よって、サブプライムショック後に起こった円高が液晶テレビという商品が初めて遭遇した円高だったことになる。これまでさんざん辛酸をなめてきた自動車業界とは違って、このまま円安が続くと思って投資計画を立ててしまった。
 そして、すべての投資が完了した時点で、サブプライムショックが起こった・・・。

◆世界分散生産
 液晶というのは、亀山といい、堺のコンビナートといい、狭いところに集積して作るもので、世界分散生産が難しい商品あのかもしれない。
 結局、一カ所に集積して作るのであれば、その国のカントリーリスクを背負うことになる。日本に工場を作るのであれば、円高リスクを背負うことになるが、どの程度、そのリスクを背負う覚悟があったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

なぜ民主党政権はダメだったのか?

民主党があまりにもお粗末な政権運営をしたおかげで、『政権交代が起こりうる政治状況』が遠のいたことはとても残念に思っています。
なぜ駄目だったのかをまとめておきます。
民主党自身はどのように総括しているのでしょうか?

◆失敗その1:すべてを変えようとしたこと
 自民党は長い間、政権を担っていたわけで、政権を運営するためのノウハウも蓄積していたわけだが、「政権交代を成し遂げれば、すべてを変える」と考えて、変えることを重視した。
 その結果、政権運営に必要な仕組みまで変えてしまった。
 結局、『何を変えて、何を変えないのか』という議論が十分でなかった。
 この教訓は、これから政権を目指す日本維新の会やみんなの党にも言えることであるが、どうもこの課題を真剣に考えているとは思われない。

◆失敗その2:小泉政治をアンチテーゼとしたこと
 小泉政権時代の政策は、確かに弱者には厳しい政策だったが、時代の流れとしては不可避なものであった。つまり、小泉政権時代の政策は比較的正しい政策だった。その正しい政策をアンチテーゼとしてしまったために、結果的に間違った政策を実施せざるを得なくなった。
 政権交代時の自民党を言い換えると、「そこそこうまくいった政治(小泉政治)を続けることができなくなって、力尽きた」といえる。そこで、民主党は政権交代を訴えるときに、「そこそこうまくいった政治」の部分を攻撃せざるを得なかった。
 民主党にも、『時代の趨勢』という概念があれば、今が高度成長時代に作られた社会システムを低成長の時代に作り変えていく時代であるとは分かったはず。結局、民主党は政権交代の歴史的意義を理解しないまま政権を取ったとも言える。

◆失敗その3:「政権交代さえ成し遂げれば、あとは何とかなる」と思ってしまったこと
 明治維新のときは、江戸幕府さえ倒せば、やるべきことははっきりしていた。開国、富国強兵、殖産興業、西洋からの技術と社会制度の導入。
 戦争に負けた時も、戦争に使っていた資源を産業振興に使えばよかった。
 では、政権交代した後にどうすればよかったのか?
 実は、『変革の時代』ではなく、『選択の時代』であり、民主党の中にも様々な選択肢を主張する勢力があり、選択肢が混じっていた。
 民主党が野合だったのは、実は、政権交代した後にどうすればいいかについての答えが、民主党にだけではなく日本になかったためではないか?

◆不運その1:野党体質の人間が党首だったこと
 野党は選挙に弱い(だから野党なのだ)。だから、選挙のときは『なりふり構わず、有権者に受けのいいことは何でもやる』。しかし、本当に政権が取れそうなときにそれをやったら、あとで取り返しがつかなくなることぐらいは分かっただろう。
 結局、身に染みたことは、いざという時になっても、体からは抜けないとという現実を示すことになった。
 つまるところ、政権交代が起こらないということは、「骨の髄まで野党」と「骨の髄まで与党」の2種類しか生み出さないということを有権者も知っておくべきだろう。

◆不運その2:小沢一郎が検察に目の敵にされていたこと
 民主党の中で唯一まともな政権運営ができるであろう人物は小沢一郎しかいなかったわけだが、彼は検察庁から濡れ衣を着せられて、身動きが取れなかった。
 確かに、小沢一郎は検察庁が目の敵にするほどの政治家だったかもしれないが、いくら社会正義のためとはいえ、有能な政治家が能力を発揮する機会をつぶるほどの権限を国民は検察庁に与えたつもりはないはずだ。
 結局、民主党政権が失敗したおかげで国民は多くのものを失った。その責任の一部は検察庁にもある。

 ここで示した失敗と不運は、次の政権交代でも起こりうる。
 結局、国民はいつまでも自民党政権のもとで生活しなければいけないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメーバ経営 NHK 「メイド・イン・ジャパン」

「アメーバ」とは社内の小さなグループである。

それぞれのアメーバは、独立採算制としている。それぞれのアメーバのリーダーはそのアメーバの社長であり、60項目以上の経費を管理し、利益を出さなければならない。

月に2回、それぞれのアメーバの人事異動が発表され、アメーバの成績が悪ければ、リーダーも解任される。

社員は、いつ自分がリーダーに抜擢されてもいいように準備を心がけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC対策 聞き間違いやすい単語

Who's(Who is) ⇔ Whose
oversea ↔ oversee
problem ↔ program
department ↔ apartment
copy ↔ coffee
value ↔ volume
director ↔ direction
higher ↔ hire ↔ fire
contract ↔ contact
write ↔ right
play ↔ pray
curb(縁石) ↔ curve(曲線)
rain ↔ train
letter ↔ ladder
working ↔ walking
write ↔ ride
shopping ↔ chopping(刻んでいる)
making a copy ↔ making some coffee
glass ↔ grass
board(乗る) ↔ bored(退屈する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

TOEIC Part 5 攻略法

まず、選択肢を見て、どのような問題を判断する。
※ちなみに、Part 6は、選択肢を見て、読まずに解くものと、読んで解くものを判断する。

◇読まずに解く
 ①品詞
  ← 前後だけ見ればいい
    ☆「仮定法現在」の場合があるので注意
    ☆修飾しているのか、されているのか
      ・修飾している → 形容詞/副詞
      ・修飾されている → 名詞/動詞
 ②前置詞
  ← 覚えるしかない。考えるのは時間の無駄。
 ③機能語
  ←単数形:each、every、another
  ←複数形:all、some、a few
 ④小さい接続詞(and、but、or、nor)
  ← パートナーを探す
     both A and B / niether A nor B / either A or B / not only A but also B

◇判断が必要
 ①動詞の形
  時制/三人称/能動・受動

◇全文を読んで解く
 ①語彙
  ← 知らない単語はあきらめる(考えるのは時間の無駄)
 ②大きい接続詞
  ← 節 or 句
  ← カンマの前と後の関係を見る
 ③関係詞
  ←単数か、複数か
  ←人かどうか
  ←先行詞と後の文の関係
 ④比較
  比較級/最上級
  副詞/形容詞

◆Tips
・最も難しい単語は間違い ← ひっかけのために入れている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC攻略法

昨日、受けてきました。

最も重要なことであると感じたことは、「早く読む訓練をすること」

なぜか、どの攻略本にも書いてない。(「時間を計れ」とは書いてあるけど・・・)

確かに、世の中には、早く読める人がいて、時間が余るぐらいの人がいるかもしれない。時間内に解き終えればいいのだから、早すぎる必要はないが、大部分の人には足りないはずである。

これまで、試験の前は単語や文法をちまちまやっていたが、これからは『量を読むことによって、単語と文法を補強する』というスタンスで行きたい。

◆Part 1
①写真に写っていないもの ⇒ 即、×
②「curb(縁石) ↔ curve(曲線)」のような似た発音をある程度押さえて、引っかからないようにする。

◆Part 2
①質問とよく似た発音の単語 ⇒ 即、×
②過去か/未来か
 Did you ・・・・・・ last ・・・・?
 Will you ・・・・・・ next ・・・・?
※ 質問文と答えの時制が一致している場合が多い
③WH語<最初の一語>
 → Yes/No ⇒ 即、×
④「分からない」/「どちらでもいい」系が答えの場合が多い

◆Part 3,4
①『問題文を先に読んで、必要なところを聞き取る』

◆Part 5,6
①「前後だけ読めばいい」 or 「全体を読まなければいけない」を見分ける訓練をすること。

◆Part 7
①とにかく早く読む訓練をすること。
②問題を読んでから本文を読むのか、本文を読んでから問題を読むのか、はケースバイケース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »