« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

ワークシフト


◆第1のシフト
「ゼネラリスト」→「連続スペシャリスト」
※連続スペシャリスト:ある専門的な技能を習得した後で、それを土台に隣接分野の技能を磨いていく人。

◆第2のシフト

「孤独な競争」→「協力してイノベーションを起こす」

◆第3のシフト

「大量消費」→「情熱を傾けられる経験」

●先進国で仕事が空洞化する理由

 ・新技術に置き換わる
 ・移民、または、低賃金国へのアウトソース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークナイト ライジング雑感【ネタバレ】

前回の「ダークナイト」は、「『光の騎士』と呼ばれた『正義の味方』がダークサイドに落ちていくことの苦悩」がテーマであったが、今回は、「歴史的名作を作ってしまった映画監督が、その歴史的名作の続編を作らなければならないという重荷」にどのように立ち向かうのかということがテーマだったような気がする。

だから、本作の本当の主人公は、監督のクリストファー・ノーランである。それで、彼はどのように考えたのか?

①「期待はずれ」と言われないためにそこそこのクオリティーの映画とする。また、さらにこれまでの延長の続編を作れというプレッシャーを生まないためにも、必要以上に深いストーリーとしない。
②それを実現するために、「見てる間はそこそこ楽しめるけど、余韻は残らない」レベルにすることとする。
③でも、バットマン・ネタで儲けたいという下心もあるので、続編につながる複線も用意しておいた。
④続編を作る場合に、ストーリーの自由度を持たせるために、ロビンとゴードン警部以外の登場人物は自由に設定できるようにした。

◆ストーリーの深さ
ベインたちの犯罪計画の動機が弱いことも、ベインが最後はあっけなく一撃でやられてしまうことも、①と②を考慮した結果である。終盤になって、「それが動機だったのかよ」と明かされても、そのときまでに、「料金分は楽しんだからいいや」となることは計算済みである。

◆意外な女性が黒幕
意外な女性が黒幕というストーリーで、「ブラディ・マンデイ シーズン2(TV版)」を思い出した。まさか、ブラディ・マンデイをパクった訳ではないだろうが、女性はテロのような犯罪はしないという思い込みを逆手の取っているもので、ストーリー作家の間では、「使える手」として重宝されているものだと考えられる。

◆マシュー・モディーン
「メンフィス・ベル」再びであった。普段は頼りないけど、いざというときはリーダーシップを発揮するというのは、彼が醸し出す雰囲気がそういう役を引き寄せているようにも思える。ただ、今回については、「メンフィス・ベル」で彼がリーダーシップを取り始めるときの感動はなかった。
【Memphis Belle】I don't want to go around again any more than you do.  But we were sent here to bomb a factory and if we don't do it, somebody's going to have to come back here again and do it for us.

◆次作の展開予想
ハービー・デント法が無効になって、再び、ゴッサム・シティは犯罪者が栄える街となり、バットマン・ロビンは夜な夜な悪を退治する日々を送っている。人々は悪を恐れるだけでなく、これまで善人だと思っていたハービー・デントが悪人だったと知って、何を信じていいのかがわからなくなっていた。そしてついに、バットマン・ロビンでも手に負えない悪の大物が現れ、ゴードン警部はバットマンがいてくれたら、と考えるのであった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

ドラゴン・タトゥーの女【ネタバレ】

見てるだけで寒かった。
真夏のうだるような暑さの時に見れば、涼しいと感じることができただろうか?
ただ、ひたすら寒さがしみいる映画だった・・・。

ちなみに、「ドラゴン・タトゥーの女」を演じているのは、「ソーシャル・ネットワーク」の冒頭で、「レベルの低い大学で悪かったわね! あんたがもてないのは、コンピュータ・オタクだからではなく、性格が最低だからよ!」と言っていた彼女です。
おしりのかわいさに萌えてしまいました。

変態オヤジ、猟奇殺人、近親相姦、コンピュータ・ハッキング、不倫、謎解きの映画をそこそこヒットさせる要素に、デビッド・フィンシャー監督の巨匠の風格の映像で撮っているけど、なんかそれだけのような・・・。

とにかく、寒さだけが残りました。
真冬の寒さを、更に深く感じたい人にお勧めです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

経産省の人にベンチャー支援の話を聞いた

話を聞いたのは昨年の12月。

  • 早稲田大・長谷川教授は、ベンチャーキャピタリストとしては、当たり前のことを丁寧に実践することによって成功している。
  • ベンチャー企業の経営者は、我々官僚がものすごい時間をかけて政策のことを考えているのと同じように、ものすごい時間をかけて経営について考えている。
  • ベンチャー経営者に求められるのは、「ビジネスモデルを考えるだけでなく、それを実現する力」である。
  • マイケル・ポーターの経営論は、「その瞬間を切っているだけ」なので、ミンツバーグやバーニーの方が使えると思う。
  • ベンチャー企業の成功には、「大企業と組むこと」が重要となる。大企業の側にとってもベンチャー企業と組むことにメリットがあると考えている。
  • 大企業の新規事業の中には、外に出して、外部資金でやった方がうまくいく事業があると考えているため、それを支援するスキームを検討中。
  • ベンチャー支援の政策は一巡した感が強い。一通りのアイデアは出たが、それぞれの政策は細かいところで使い勝手が悪い。
  • ベンチャーキャピタルについては、以下のように感じている。
     ①撤退も多い。
     ②ICT系しか見えてこない。
     ③成功事例を積み重ねていくしかない。
     ④日本で本当にすごいベンチャーキャピタリストは10人もいない。
  • 社内ベンチャー制度がある会社でも、若い人が手を上げない。身近に成功事例がないことが原因だと思っている。
  • 大企業でも勢いのある会社はある。そこで成功事例を作りたいと考えている。
  • 国内のビジネススクールは緩い連携を保てるようにして、いろいろな人が出入りできるようにしておいた方がよい。
  • 起業に座学は必要。競合分析や資本政策に関する基本知識は必ず身に着けておくべき。最初に間違えば、後で取り返しがつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »