« なぜ日本人は『撤退』が下手なのか | トップページ | そんなに韓国人は日本人が嫌いなのか? »

2012年10月11日 (木)

投資効率を考えると研究開発はダメになるのか?

もちろん、そんなことはない。

そのような議論をする人は、研究開発の効果を理解していない。
あるいは、その効果を適正に評価していない。

研究開発の効果とは、差額キャッシュフローである。

「研究開発の効果」=「やった場合」-「やらなかった場合」

上式の「やった場合」には、たとえ失敗したとしても、次のアイデアの種、経験、人脈、研究員の成長が得られることも含まれる。

「やらなかった場合」には、上記の研究開発の2次的効果は得られない。

「その差」をどのように判断するか、それだけである。

|

« なぜ日本人は『撤退』が下手なのか | トップページ | そんなに韓国人は日本人が嫌いなのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/47388433

この記事へのトラックバック一覧です: 投資効率を考えると研究開発はダメになるのか?:

« なぜ日本人は『撤退』が下手なのか | トップページ | そんなに韓国人は日本人が嫌いなのか? »