« なぜ日本の電機メーカーはダメなのか? | トップページ | 今年の日本の産業界の検討課題 »

2012年4月25日 (水)

なぜ日本は円高になって、韓国はウォン安になるのか?

  • 韓国経済は問題点が多く、投資先としては資金が引き上げられやすい。
  • アジア通貨危機以来、金融は外資が握っている。つまり、外資の思惑で経済が左右されやすい。
  • 対外債務の割合が大きく、海外から債券の中途払い戻しが一斉に起これば、韓国は破綻する可能性がある。
  • 韓国の通貨が避難通貨になる可能性はまずあり得ない。
  • 韓国経済は輸出依存度が高く、内需がものすごく弱いので、欧米などの景気が悪くなるとその影響をもろに受ける。
  • 輸出関連の大企業のみが生き残っている。大企業は消費財・耐久消費財を作成できても、その前段階の高度な資本財や部品は輸入に頼っている。また、大企業の利益は国内を潤すことなく海外に流出する傾向がある。
  • 経済構造が中途半端なこと。先進国のように内需が強いわけでもなく、かといって新興国のように人件費が安いわけでもない。
  • 国内経済は拡大しにくく、人口を支えきれなくなっている。少子化は日本以上に進み、人口オーナスの状況になっていく。(出生率は2009年で1.15)。
  • 以前、通貨危機になった時にIMFに内需を拡大させろと言われたのに、まったく聞き入れずに輸出強化政策を取ったために今度何かあっても、IMFが支援を受けられない可能性がある。
  • 北朝鮮問題を抱え、地政学リスクが高いこと。
  • 通貨の取引量が日本円に比べるとはるかに低い。
  • 韓国は常時為替介入を行ってウォン安に誘導しているが、それが問題にならないのは経済規模が小さく、国際的にも先進国と認識されていないため。

|

« なぜ日本の電機メーカーはダメなのか? | トップページ | 今年の日本の産業界の検討課題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/45014400

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ日本は円高になって、韓国はウォン安になるのか?:

« なぜ日本の電機メーカーはダメなのか? | トップページ | 今年の日本の産業界の検討課題 »