« コンドル/Three Days of the Condor | トップページ | なぜ日本ゼネコンは海外進出で挫折するのか? »

2012年2月 5日 (日)

電機業界壊滅状態とアレンタウン

電機業界が壊滅状態で、あちこちの工場の閉鎖を発表しています。
このようなニュースを聞いて、ビリー・ジョエルのアレンタウンを思い出しました。
日本のミュージシャンにも、日本の衰退する製造業の転換点を名曲として残してもらいたいものです。
この曲の後、アレンタウンは復活しませんでしたが、アメリカは復活しました。

http://news.mynavi.jp/articles/2009/05/18/2008fy/index.html
http://www.yamashita-yoshiki.jp/column/news/1323865393.html
http://www.fukeiki.com/2011/10/panasonic-reduce-tv-production.html

◆アレンタウンの歌詞
僕らはここアレンタウンに住んでいる
町の工場は次々に閉鎖されていく
ベルツヘルムでは誰もが暇を持て余し
申し込み書に記入をしては
列に加わって並んでいる
・・ 中略 ・・
僕らはここアレンタウンに住んでいる
安らぎは得られないし
この町はますます住み難くなっていく
・・ 中略 ・・
鉄とコークス そしてクロムニウム鋼
僕らはアレンタウンで待っている
だけど地下の石炭を残らず掘り尽くすと
組合の連中も 次々と逃げ出した

|

« コンドル/Three Days of the Condor | トップページ | なぜ日本ゼネコンは海外進出で挫折するのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/43988889

この記事へのトラックバック一覧です: 電機業界壊滅状態とアレンタウン:

« コンドル/Three Days of the Condor | トップページ | なぜ日本ゼネコンは海外進出で挫折するのか? »