« もう東北でモノは作らない | トップページ | 山口絵理子 マザーハウス »

2011年5月 8日 (日)

自分の嘘にだまされた東電と経産省

かつて、原子力発電所を作るには、「原子力発電所は、絶対に安全だ。事故を起こす確率はゼロだ」と言わなければならなかった。

これは、地元住民とマスコミをだますための『ウソ』だった。そんなことが技術的に不可能なことは、当初は、みんな知っていたのだ。

しかし、この『ウソ』をついてしまったために、『事故が起こる可能性はないのだから、事故が起こることを想定することも、対策を講じる必要もない』というウソをつく必要が出てきた。

『事故が起こることを想定』したり、『対策を講じる』ことをしたりすると、地元住民やマスコミから、『事故は絶対に起こらない』のではないか、と突っ込まれてしまう。

最初にウソをついてしまったために、『事故が起こることを想定』したり、『対策を講じる』ことができなくなってしまった。

ここで、東電と経産省は考えた。『できなくなった』のではなくて『やらなくてもいい』のではないか? どうせ、自分が現役の間に事故は起こらないし、それなら、「事故は起こらない」と言い張っていた方が得だ。

最初は、人をだますためのウソだった。しかし、自分もそのウソにだまされた方が得だと気がついてしまった。だから、だまされたふりをした。そして、もうそこから抜けられなくなった。

|

« もう東北でモノは作らない | トップページ | 山口絵理子 マザーハウス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/39909222

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の嘘にだまされた東電と経産省:

« もう東北でモノは作らない | トップページ | 山口絵理子 マザーハウス »