« 貸金業のビジネスモデル | トップページ | 簿記1級 不合格 »

2010年8月16日 (月)

映画「ハゲタカ」

鷲津 日本がどうなろうとアカマ自動車がどうなろうと私には関係ありません。あんな腐ったマーケットに戻る気はありません。
芝野 その腐ったマーケットを作ったのは俺たちじゃないのか? 金融立国ニッポン、グローバルスタンダードのニッポン、そう言って旗を振ってきたのは俺たちじゃないのか? その俺たちがのうのうと何もせずに生きていていいのか? 腐ってしまったのはおまえの方じゃないのか?

劉一華 アカマの株を買うことのデメリットは?
部下1 自動車は日本の基幹産業です。外資に買われることに対しては日本人の相当感は相当あります。
部下2 一度、敵対的なレッテルを貼られると裁判所までゆがんだ判断をする。鷲津ファンドがライオンソースから撤退したのもそのせいです。
劉一華 鷲津は下手だったんだよ。

劉一華 逆に皆さんにお伺いしたい。中国が日本の会社に出資してはいけないのですか? 日本の企業に出資してはいけないのですか? もう一度、我々の提案書に目を通してください。これだけの条件を出しているところが他のどこにありますか? 中国は日本の企業に学びたい、そして、共に成長したい。そのためにアカマ自動車と提携することの何がいけないのですか?

アカマ社長 このまま戦いを続けても勝ち目はない。何しろこちらには資金がないのだ。買い付け価格、2200円。この不景気の中、株主は当然そっちに流れる。日本の基幹産業が中国に買われようが買われまいが自分が儲かれば、そんなことはどうでもいい。長期的に企業を育てようなどという考えはさらさら無いんだよ。
芝野 企業を経営するのは株主ではありません。経営者であるあなたです。

芝野 社長、青臭い話ですが、なぜ私がこの仕事を引き受けたと思いますか? それはかつてアカマという会社が日本の誇りだったからです。世界中のサーキットを疾走するアカマの車に私自身があこがれていたからです。この歳になると、かつて自分が好きだったもの、あこがれていたものを後生に残したい。単純ですがこのような思いに駆られてのことです。社長、株主の中にも本気でアカマのことを考えてくれる人がいるはずです。
アカマ社長 芝野さん、あたしがあなたを雇ったのは、今のような話をするこの会社の古参連中が我慢ならなかったからだ。あこがれや夢で飯が食えるほど生やさしい時代ではない。
芝野 そうでしょうか? 社長、企業も人間と同じ生き物です。生き残っていくためには夢や希望が必要です。こんな時代だからこそ、こんな時代だからこそ、夢や希望を語るリーダーが必要なのです。

劉一華 「賢い人間は運命には逆らわない」 中国ののことわざだ。

鷲津 米国における株式公開とオートローンにおける無茶な販売拡大、スタンリーに乗せられての日本での証券化推進、残念ながら古屋さん、あなたのやったことは、結局、スタンリーに何十億円も手数料で儲けさせただけだ。効率化、効率化のあなたのかけ声の下、現場では人件費を切り詰め、1円単位のコスト削減を地道に積み重ねている。でも結局、そのすべてをあなたがゴミ箱に捨てたようなものだ。
アカマ社長 じゃ、あなたが経営者ならどうするんだ? どうすれば良かったというのだ?
鷲津 私は経営者ではない。ファンドマネージャに過ぎない。
アカマ社長 卑怯者。結局傍観者じゃないか、あんたは。人の顔色伺って、好き勝手言って、いいとこ取りのマスコミの連中と一緒だよ。ハゲタカそのものだ。あんたは。

芝野 俺は日本人の勤勉さや誠実さに誇りを持っている。このまま終わってたまるか。まだまだこの国は捨てたもんじゃない。
鷲津 クソが付くくらいまじめだ。
芝野 悪かったな。
鷲津 【レポートの束を差し出す】劉が私宛に送ってきました。他の会社についても同じようなレポートがありました。ただ、アカマについては、他の何倍ものページを割いて書かれてあった。まともな再建案がね。あいつはあなたですよ。アカマ自動車に夢も希望を与えられ、必死で生き残ってきた。


  • ファンド系の人間はアカマ自動車に夢を見て、アカマ自動車の社長はアカマ自動車を信じていませんでした。社長が自分の会社を信じていないということはよくあることのような気もします。
  • アカマ自動車を救うために世界経済危機の引き金を引く、という設定は凄いですね。
  • 彼を刺したのは誰でしょう? 刺すのは誰でも良かったのでしょうか? それとも彼を狙って刺したのでしょうか?
  • 派遣労働者が乗っていた車はどうしたのでしょう? あのお金でかったのでしょうか?
  • 数週間前の土曜ドラマで、談合で自殺した人と取り調べている検察官が出ていました。土曜ドラマ御用達の俳優陣っているのでしょうか?
  • 「何も分かっていない」アランが出てこなかったのは残念です。


|

« 貸金業のビジネスモデル | トップページ | 簿記1級 不合格 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/36195013

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハゲタカ」:

« 貸金業のビジネスモデル | トップページ | 簿記1級 不合格 »