« 簿記1級 不合格 | トップページ | 小川賢太郎・ゼンショー会長兼社長 10/08/21 週刊ダイヤモンド »

2010年8月18日 (水)

マット今井 FXで儲ける方法

  • 価格が上下しているときは、上がっても下がっても儲けることが出来る。つまり、「売り」と「買い」は全く等価である。「まず買いから入る」、「ロングはしてもショートはしない」では、儲ける機会を半分失っている。それでは長期的に儲けることは出来ない。
  • 自分の予想が外れたときにどうするのかを考えておくこと。一つの傾向がずっと続くことがないことを理解してることが重要である。
  • 相場では、連勝しているときが一番危ない。時々損を出しているときは、損切りに心理的な抵抗がない。連勝しているときは、心理的な抵抗があり、損切りのタイミングを逸してしまう。
  • 「ロスカット」は『感情を入れずに機械的に』、なおかつ、『必ず当初の計画通りに』行うこと。「今回は特別」と考えれば、ロスカットとして機能しない
  • 「ナンピン」をしてはいけない。「ナンピン」は結構、うまくいくことが多いが、99回成功しても、最後の1回で大損することになる。これは、相場が下がり続けた場合、ポジションを膨らませて、破綻することになるからである。
  • 「サイクル」と「トレンド」を見極めろ。「サイクル」とは、短期的な繰り返しで、「トレンド」とは長期的な傾向である。今の相場の変化が「サイクル」なのか「トレンド」なのかは、その原因を考えることによって見極めることが出来る。
  • 相場の予測だけでは、トレーディングでは勝てない。「トレーディングとは利益を出すことであって、相場を当てることではない」。「相場が予想と逆に行ったときにどう対処するのか」という技術を磨くことが必要である。


|

« 簿記1級 不合格 | トップページ | 小川賢太郎・ゼンショー会長兼社長 10/08/21 週刊ダイヤモンド »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/36234518

この記事へのトラックバック一覧です: マット今井 FXで儲ける方法:

« 簿記1級 不合格 | トップページ | 小川賢太郎・ゼンショー会長兼社長 10/08/21 週刊ダイヤモンド »