« 法人税減税が成長戦略となる条件 | トップページ | 龍馬伝の深山宗林 »

2010年6月30日 (水)

オシムの言葉 パラグアイ戦について

  • (日本代表へのメッセージは?)未来というものは過去によって作られるものだ。今日の試合は、その未来にとって大きな意味を提供したと思う。何故なら、“してはいけないこと”を学習することが出来たからだ。
  • 今日の試合は、一言で言えば、『自分達が成し遂げようとしていたこと』と『自分達の実力』の狭間を彷徨ったと言える。そして、イーブンな条件で始まった試合だったが、最終的には『勝ちたい』という意思を強く持ったパラグアイがPK戦を制した。
  • 選手達は、『この試合でもっとできることはなかったか』を考えるべきだろう。『自分達は勝つためのサッカーをしたのか?』、『相手に勝たせないサッカーをしたのか?』と自問自答するべきだ。
  • パラグアイは、この決勝トーナメントに進出したチームの中で、最も日本が勝ち易い相手だった。そう考えると、残念で仕方がない。やはり、準備段階から自分達のプレイに自信をもたないと勝つのは難しいということだ。
  • 彼らはカメルーン戦に勝った良いイメージを壊さないようにしようとしていた。その発想は、前半戦は功を奏したと思う。試合の前半、パラグアイ相手に良い戦術で何もさせなかったからね。しかし、その時に、勝つためにできたことをやり切れなかったことが残念。選手全員が考えないといけなかったのに、自分の力だけで得点を奪えると考えている選手がいた。こういうプレッシャーのかかる大会では、グループで取りにいかないとダメだ。
  • ここからは、この教訓をどう引き出すかだ。今大会で彼らは自信を手にしたはずだ。そして、その自信を基礎にして、『W杯の予選を突破できるかどうか』はではなく、『W杯でどこまで進めるか』を考えた国になっていかなくてはならない。そういうチームになるために今日からスタートして欲しい。本大会を見据え、あらゆる可能性を考えて準備出来る国になるために。
  • FIFAのルールについても、一つ言っておきたいことがある。私は、このPK戦を最後まで見てしまったが、W杯という大会について、FIFAとルール評議会は検討して欲しい。PK戦ではなく、もっと相応しい決着の付け方がなかったのかと。90分+延長戦を戦った上で、ルーレットのようなPK戦を戦う彼らの心境を思いやって欲しい。
  • “こぼれたミルクは戻らない”ということわざがあるが、今日の日本はミルクをこぼしてしまった。
    PK戦でW杯に“さよなら”しなくてはいけないことは本当に残念だが、ここまでしかこれないレベルにの準備しか出来ていなかったということだ。だが、選手やスタッフはよくやったと思う。周囲から何を言われようとも、自分達を信じて戦えば結果がでるということを実証し、そして、選手達は自信を手にした。
  • 今大会に関して言えば、どんな強豪相手でも日本は対抗できる力があるということを世界に発信できたのではないだろうか。ただ、もっと勇敢に、もっとリスクのある行動をとれば、もっといいサッカーを見せられたかもしれない。歴史的にも見ても、私は日本は勇敢さを保ってきた民族だと思っている。サムライの時代にしろ、戦争中の神風にしろ、それらは勇気がないと出来ないことだ。だが、サッカーでは、自分の命をピッチ上で失うことはない。だから、命を懸けて戦うことは難しいのかもしれない。
  • 選手達が寝られるかはわからないけど、今日はゆっくり休んで欲しい。次のことは明日から考えればいい。そして、考えなければいけないのはメディアもそうだ。ゴールを上げた選手ばかりが注目されることがまかり通るサッカー文化は作ってはならない。
  • (Jリーグで明日からできることは?)良いプレイをすること。つまり、モダンなサッカーをするということだ。Jのレベル、質を上げること。一つ一つのディティールを追求していくべきだ。もっと走り、もっとリスクを負わなければ、短期間で代表がリスクを負える集団になることはできない。
  • そして、サッカーファンの皆さんにもお願いがある。『日本代表だけでいい』、『Jリーグはどうでもいい』という発想はやめて欲しい。もっとJリーグに、選手達にプレッシャーをかけてください。プレッシャーに耐えうる選手を育てて欲しい。そして、クラブ間にも、“ダービー”というものも有効利用し、競争意識を持たせてほしい。プレッシャーのかかる場面を何度も経験することで、やっと、戦える選手が育つでしょう。そのためには、空っぽのスタジアムではしょうがない。選手もつまらない、サポーターもつまらないサッカーは御免だ。皆さんで満員にしていきましょう。『なぜ、プレミアリーグが常に満員なのか』を考察するだけではダメ。答えは出ている。それは彼らが非常に魅力的なサッカーをしているから。つまり、Jリーグがすべきことはもう見つかっていると思う。
  • この結果は非常に残念だったが、選手、スタッフにご苦労様と言いたい。後、葬式じゃないんだから、賑やかにやりましょう。まだまだW杯は終わっていないですよ。

  • PK戦は誰かが失敗するまで続くゲームです。失敗者を必ず生み出す残酷なくじ引きです。何も恥じることはありません。




◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

|

« 法人税減税が成長戦略となる条件 | トップページ | 龍馬伝の深山宗林 »

賢人の考え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/35592670

この記事へのトラックバック一覧です: オシムの言葉 パラグアイ戦について:

« 法人税減税が成長戦略となる条件 | トップページ | 龍馬伝の深山宗林 »