« 凄い時代 堺屋太一 | トップページ | 長谷川慶太郎 2010年 大局を読む »

2010年4月24日 (土)

通貨取引を制限していない先進国の国債はデフォルトしない

http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/archives/65447341.html

  • 通貨取引を制限していない先進国の国債はデフォルトしない。
  • 最近の韓国、イギリス、米国も何か問題発生した場合、まず通貨が調整しました。
  • 過去破綻した国の例を見てみると、通貨をペッグしたり取引制限をしたり、通貨取引に何らかの制限をかけていたことが状況を悪化させました。
  • 本当に日本が危ない場合、大幅な円安になります。
  • 輸入物価が上がるため国内はインフレになります。金利が上がりますが、インフレで税収が増えるため財政赤字のGDP比は減る可能性が高いです。円が安くなるため輸出産業の競争力が増加します。
  • 円が安くなってしまうので、世界で見れば日本人の資産は減少します。ドル建てで測定されるGDPの世界順位も額実に低下します。国内ではインフレのため、年金生活者や低所得者の生活が圧迫されます。確実に国民の生活は悪化します。
  • ただ、どんな状況になっても円建ての日本国債は100%償還されます。実質価値はインフレや円安などで世界的に見れば大きく毀損することになると思いますが、100円で発行された国債は100円で返ってきます。繰り返しになりますが、円建てであるため、返ってこない理由がないからです。

◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ


|

« 凄い時代 堺屋太一 | トップページ | 長谷川慶太郎 2010年 大局を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/34367931

この記事へのトラックバック一覧です: 通貨取引を制限していない先進国の国債はデフォルトしない:

« 凄い時代 堺屋太一 | トップページ | 長谷川慶太郎 2010年 大局を読む »