« 大手ゼネコン 海外工事の状況 | トップページ | ゼネコン 中東の状況 東洋経済 2010/3/20 »

2010年3月 4日 (木)

テレビ業界の現状

◆広告宣伝費の状況
・メーカーのマーケティング:少子高齢化で国内から海外に重点
・流通:寡占化が進み、広告費より販促費が重要になる
・ライベートブランドの成長:広告費を減らして低価格

◆その結果として起こること
・番組の質の低下:視聴者は別のメディアに時間を割くようになる
・番組制作会社:以前はある程度コストをかけていいものを作って海外でも売ることができたが、その投資余力は減少
・企業のマーケティング戦略:テレビCMの割合を減らす。

|

« 大手ゼネコン 海外工事の状況 | トップページ | ゼネコン 中東の状況 東洋経済 2010/3/20 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/33635009

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ業界の現状:

« 大手ゼネコン 海外工事の状況 | トップページ | ゼネコン 中東の状況 東洋経済 2010/3/20 »