« 遅いgoogleを早くする方法 | トップページ | テレビ業界の現状 »

2010年3月 3日 (水)

大手ゼネコン 海外工事の状況

2009/11/30時点 三菱UFJ証券レポート

論点整理
  • ドバイワールドは金融債務返済(の猶予?)を求めているのであり、工事代金が返済猶予の対象となっているわけではない
  • ドバイワールドの破綻が中東地域全体の破綻を意味するものではない
  • 建設会社に対しては発注者から出来高に対応した工事代金が支払われているとみられる

(億円) 総工事費 大成 大林 清水 鹿島 現況に関するコメント
◆ドバイ関連
ドバイメトロ
発注者:ドバイ交通局
6,600   3,300   2,300 工事進捗率75%程度。
発注者と交渉中。
ドバイ・インターチェンジ
発注者:ドバイ交通局
230     230   工事損失引当金計上。
今期売上計上予定。
ドバイ・マンション
発注者:ナキール社
800     800   工事損失引当金計上。
今期売上計上予定。
海底トンネル
発注者:ドバイ交通局
200 200       進行基準計上で
手持ち工事50億円程度。
◆ドバイ以外
アルジェリア高速道路
発注者:アルジェリア政府
5,000 1,800     1,800 工事進捗率60%程度。
発注者と交渉中。
ボスポラス海底トンネル
発注者:トルコ政府
1,000 1,000       工事進捗率75%程度。
工事損失引当金計上。


大成  アルジェリア高速道路に関しては、代表企業の鹿島建設が発注者と交渉中であり、経過についてはノーコメント。
 ボスポラスについては適切な損失引当金計上で追加的損失計上の懸念は小さい。
大林  ドバイメトロは既に2,500億円売上計上。設計変更と工期延長に関わる工事原価負担を巡って発注者と交渉中。
清水  ドバイインターチェンジは工事原価高相当分を引当計上。四半期決算ごとに見直しており、保守的な会計対応の印象。
 ドバイのマンションについては相当程度の工事損失引当金を計上。現状では、追加負担は想定外。
鹿島  ドバイメトロに関しては、代表企業の大林組が発注者と交渉中であり、経過についてはノーコメント。
 アルジェリア高速道路は、設計変更などにより工期大幅延長懸念。現在、工事原価負担を巡って発注者と交渉中。

|

« 遅いgoogleを早くする方法 | トップページ | テレビ業界の現状 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/33621549

この記事へのトラックバック一覧です: 大手ゼネコン 海外工事の状況:

« 遅いgoogleを早くする方法 | トップページ | テレビ業界の現状 »