« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

NEDOが米ニューメキシコ州でスマートグリッド実証実験へ

実証実験概要
  • NEDOは米ニューメキシコ州での日米スマートグリッド実証に関し事前調査の委託先31社を決定した。
  • 今回の実験では、米ニューメキシコ州政府が州内5カ所で行うスマートグリッド実証プロジェクトのうち、ロスアラモス郡とアルバカーキー市の2カ所で連携し、実証を展開する。
  • 日本国内では実証研究が難しい技術(需要制御、通信など)を実証し、世界各国で急速に概念整理が進むスマートグリッドの標準化活動への参画を目的としている。

ロスアラモス郡の実験
  • ロスアラモス郡では、2-5メガワット程度の配電線において、太陽光発電2メガワット程度(日本側が1メガワット程度を設置)、蓄電池1メガワット程度を集中的に導入。
  • 太陽光発電による不安定な出力を制御するEMS(エネルギー管理システム)と情報通信技術を構築・実証する。
  • 太陽光発電、蓄電池、蓄熱機器、IT家電といった機器とスマートメーター技術を組み合わせたスマートハウスを構築し、一般住宅と比較して効果を実証する。

ニューメキシコ市の実験
  • ニューメキシコ市では、600キロワット程度の需要があるビルで、蓄電池、ガスエンジンコージェネ、燃料電池、蓄熱槽、太陽電池(100キロワット程度)などにより構築し、供給体制などの実証を行うとしている。

参加上場企業
  • 伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、NTTドコモ、関電工、京セラ、古河電気工業、古河電池、シャープ、清水建設、住友電気工業、東京ガス、東芝、日新電機、日本ガイシ、NEC、パナソニック、日立製作所、富士通、三菱重工業、三菱電機、明電舎の21社。

上場企業の関連会社
  • JFEホールディングスの子会社JFEエンジニアリング、NTT子会社のNTTファシリティーズ、富士電機ホールディングス子会社の富士電機システム。

関連するページ




◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

清水建設がスマートグリッド

なぜかスマートグリッド関連企業に清水建設の名前が挙がると思っていたら、これだった。

http://www.stockstation.jp/stocknews/18329

日米の官民が次世代電力網「スマートグリッド」を共同研究へ

日米の官民が組み、地球温暖化対策などで注目される次世代送電網「スマートグリッド」の実証に向けた共同研究に乗り出す、と報じられた。米政府が2011年から計画する実証研究に、日本から経済産業省の呼び掛けで東京電力、パナソニック、三菱電機、日立製作所、東芝、清水建設など約15社が参加を検討している。米政府はスマートグリッドの全米規模での展開を目指しており、日本の参加企業にとって商機になるほか、国内での導入に向けたノウハウ獲得に役立てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルームバーグ:中国、景気過熱懸念

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=a09W1cIfDjok

  • エコノミスト予想によると、中国の2009年10-12月経済成長率は政府が適切と考える水準を超えたもようだ。
  • 政府は内需拡大を目指す中で、刺激策解除に向けた圧力が高まるとみられる。
  • 中国人民銀行(中央銀行)は昨年11月、10%以上の成長率は行き過ぎだとの考えを示し、資産バブルの恐れを示した。
  • 成長加速は、中国の世界的なリセッション回避につながった過去に例を見ない4兆元規模の景気対策と与信拡大による投資ブームを反映している。
  • 持続可能な景気拡大を達成するために、支出の対象をインフラから教育や医療に移し、人民銀は「緩やかな」金融引き締め政策を実施する可能性がある。
  • 景気回復が勢いを増しつつあることを受けて、インフレ懸念が浮上している。
  • エコノミスト:「中国は、20年までに世界最大の消費国となる公算の大きい同国の内需拡大に向けて、成長モデルの根本的な変革に取り掛かっている」
  • エコノミスト:「政府は綱渡りの状態にあり、不動産価格やインフレに関する懸念と成長との均衡を図っている。今年半ばまでに、景気は過熱すると予想している」


◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

JAL破綻に関する考察

私はとある業界の売上高でトップの企業に勤めております。
(利益率はトップではない。一応、設立時点から完全民間会社ではあります。)
はっきり言って、『超』の付く「ぬるま湯」体質です。

天下り役人を受け入れているのですが、天下り役人をして、「これほど官僚的な民間会社があるとは想像もしていなかった。はっきり言って、前につとめていた役所より官僚的だ」と言わしめているほどです。

社内の意志決定は遅く、何も決まらない会議を繰り替しています。
(そういえば、この会議は何を決める会議だっけ?)

世の中がこんなに厳しいのに、このような会社が今まで生き延びてこられたのは、「その道を目指す人が最初に門をたたく会社」としての地位を保持しているからで、「入社時点では、それなりに優秀な人」を採用して、いざとなれば、そういう人のがんばりで何とかしのいで来たからだと思っています。

なぜ、自分の会社について書いたかというと、JALと深い共通性を感じるからです。
私もどっぷり「ぬるま湯」につかっています。今更、簡単に抜けられるとは思いません。
社内の意志決定のルール、社員の認識がすべて「遅い意志決定」を前提に組み上がっています。これがそう簡単には変えられるとは思いません。

会社の意志決定というのは、「全体として一つの仕組み」で、部分を修正することには意味がありません。また、「そういう仕組みで決定がなされる」という社員の認識と対で機能するものなので、「仕組み」と「社員の認識」をある日、一気に変えてしまわなければいけません。そのようなことが可能だとはとうてい思えません。

JALも何年も前から「危ない会社」と言われていましたが、変われませんでした。
それは、「甘えの体質」というよりも、「一度染みついた体質は簡単には変えられない」ということを示していると思います。

自分が「もうすぐ滅びる恐竜」だと分かっていても、「すばしっこいネズミ」には進化できないのです。

JALの問題は、私にとっては、「明日は我が身」なので、JALをリストラされた人がどのような末路をたどるのかを注視したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝間和代さん

以前に勝間さんにつて批判的なことを書きましたが、勝間さんの方が池田さんより上手でした。

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100108/p1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

パソコン需要、新興国で急増 日経新聞 10/01/21

パソコン需要動向
  • 2010年の世界パソコン出荷台数は前年比10%増え、初めて3億台を突破する見通し。パソコン向け半導体メモリーのDRAM価格も上昇している。
  • 新興国を中心にしたパソコン需要の急回復をにらみ、日本の電機各社がパソコン向け基幹部品を増産する。
  • 米調査会社IDCによると、金融危機の影響で09年の世界パソコン出荷台数は前年比1.3%増の2.9億台にとどまったが、10年は中国・アジア地域など新興国で小型・低価格の「ネットブック」を中心に急回復し、10.3%増の3.2億台と初めて3億台を突破する見通しだ。

企業動向
  • 日立:2010年度、HDDの設備投資を400億円に倍増させる。生産能力を10~15%増やし、初の年産1億台超を見込んでいる。日立はHDDで世界3位。今後、上位3社の寡占が進む見通しである。
  • 東芝:次世代型記憶装置のSSDを増産する。国内とフィリピンの組み立て拠点の年産能力を、今年3月をめどに、現在の2倍の240万台超に引き上げる計画だ。SSDで使うフラッシュメモリーは、三重県・四日市工場に約1500億円を投じる計画を打ち出している。10年4月以降にはより小型で省電力型の新製品を出荷する。
  • TDK:HDD向けに磁気ヘッドを供給するタイ工場に今後3年間で約100億円を投じ、関連部品を5割増産する。
  • HOYA:HDD用ガラス基板を生産する東南アジアで工場増強に乗り出す方針。
  • 昭和電工:読み書き用の磁気ディスクを生産するなどもフル生産が続いており、今後は増産に踏み切る公算が大きい。

HDD需要動向
  • HDDの世界出荷は2009年に過去最高の5億5535万台。2010年は17.9%増の6億5472万台となる見通し。



◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

キッシンジャー博士の2010年の予測 日高義樹のワシントン・リポート

10の予測
  • アメリカの景気は二重底になる危険がある。
  • アメリカの失業者の数は急には減らない。
  • アメリカの財政赤字が減る見通しはない。
  • ドルが完全に信用をなくす事はない。
  • 石油は景気しだいだが1バレル80ドル前後になるだろう。
  • アフガニスタンの軍事情勢は好転する。
  • パキスタンは混乱が続く。
  • イランの核兵器開発を2010年内に阻止できなければ重大な決意をしなければならなくなる。
  • イスラエルはイランの核施設を攻撃しようとするが最後はおもいとどまるだろう。
  • 北朝鮮問題を解決するのは難しい。

中国の時代が始まるのか
  • 中国経済は2010年、8~10%拡大する
  • 中国経済拡大の理由は、中国指導者の力にある
  • 中国の新世代の人々は、新しい国際情勢に適応する能力を持っている

アメリカは弱くなっているのか
  • アメリカは力を失いつつあるが、依然として世界でもっとも強力な国である
  • アメリカでは、新しい政権が動き出すのに時間が掛かる
  • アメリカが経済危機をつくり出したと、非難されているため、指導者にとって難しい時だ

米中は、軍事同盟に向かうのか、北朝鮮はどうなる
  • アメリカは、債務を減らすために、中国と協力しなければならない
  • 中国は、北朝鮮が崩壊したら困ると思っている
  • アメリカは、在韓米軍を引き揚げるべきではない

中東から石油が来なくなるのか
  • イランと、パキスタンの同盟を、許してはならない
  • アフガニスタンを、テロリストの基地にしてはならない
  • ロシアも、イランが、核兵器を持つことには、反対するだろう
  • 外交は、すべての問題を、関連付けて取り扱うべきである

日本は、平和憲法を変えるべきか
  • 新しい状況の下で、憲法を見直すのは、当然のことだ
  • 現実的に考えてみると、憲法改正は、アメリカで大きな反響を巻き起こすだろう
  • 日本が軍事的危機に陥った場合には、我々は、日本の見方をする
  • 普天間基地の問題は、舞台裏の交渉で、解決するべきだ



◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

堺屋太一 民主党よ、豹変せよ VOICE 2009/9

  • 今回の政権交代は、幕末に14代将軍・家茂(紀州派)から、15代将軍・慶喜(一橋派)に変わった程度の変化である。
  • 徳川慶喜は、幕府の改革をいろいろ行ったが日本を変えることはできなかった。結局は幕府の改革であり、日本の改革でなかった。
  • 「維新」が起こるには、もう一回、選挙を行う必要がある。
  • 明治維新が成功したのは、維新の志士たちが、「豹変」したからである。彼らはもともと尊皇攘夷論者であったから、外国人を追い出して、鎖国社会を目指していた。
  • 実際に彼らが政権を取ってみると、尊皇攘夷が、軍事的にも、経済的にも、技術的にも不可能だと分かるやいなや、一気に文明開化に向かった。
  • 100年前、アルゼンチンは、世界で最も裕福な国の一つで、二つの世界大戦の被害を受けず、内乱とも無縁であった。
  • その結果、どんどん利権構造が強まり、階級が固定化した。政治は「福祉優先」を掲げ、あっという間に貿易収支は大赤字になった。
  • アメリカのように、ベビーシッターを充実した国は、出生率が高い。日本のように、子育てを社会化した国は出世率が低い。
  • 現在の民主党の政権の主張は、「どんどん借金をして、今の世代で食いつぶして、施設は次の世代に残さない」である。
  • 日本は高級な国でなくなりつつある、食品はインスタント化、服装はユニクロナイズしている。


◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

レアメタル 枯渇はあり得ない

週刊ダイヤモンド 2010/1/16

一般論、リチウム
  • 歴史上、これまで枯渇した資源など存在しない。
  • リチウムも地球上には200年分の埋蔵量がある。
  • 一時的な供給不足で高騰することはあっても、高値になると、新たな鉱山が開発されるので、供給不足は解消される。
  • このようなことは、鉱物資源で共通して歴史上繰り返されてきたことである。

中国
  • 中国は、輸出停止をちらつかせて、日本のハイテク企業を誘致しようとしている。本当に輸出停止を行えば、国際社会から、袋だたきに遭うことは明白である。
  • ただし、鉱物資源開発によって、環境破壊が進んでいるため、環境保全のため、生産が規制される恐れはある。
  • 現状では、レアアースの生産自体は、ほとんどが中国であるが、、埋蔵量では3割に過ぎない。
  • 日本企業は、中国以外からの調達を模索しているが、中国以外からの調達が本格化すれば、中国が値下げを行う可能性もある。その場合、それらの国への投資が焦げ付く可能性がある。
  • 中国自体が一枚岩ではなく、必ずしも中央政府がコントロールしていない。

都市鉱山
  • リサイクルで採算が取れているのは、金、銀、パラジウム等の貴金属のみで、キロ単位で値段が付く金属は採算が取れない。
  • 現状では、リサイクル技術が確立されていない上に、回収システムも未整備である。
  • 廃棄物の回収ルールは自治体毎に異なっている。また廃棄物ビジネスは既得権益の世界で、業者と役所がガッチリと手を結んでいる。
  • 携帯電話は、むしろ海外で回収した方が効率的。
  • DOWAはタイ、インドネシア、シンガポールに拠点を築こうとしている。三井物産は、都市鉱山の主戦場を中国にねらいを付けている。


◆ブログへの投稿内容のとりまとめのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

簿記1級 不合格

※試験結果:1級 不合格  66点 商(9) 会(22) 工(25) 原(10)  

もう1歩のところまできていることが確認できて、とりあえず良し、と考える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スマートグリッド 日経新聞 09/12/31

  • 東京電力や関西電力など電力各社がITを使って電力を効率的に供給する次世代送電網「スマートグリッド」構築に向けた大型投資に乗り出す。
  • 通信機能を備えたスマートメーターを全世帯に導入する検討を始めたほか、太陽光発電の急増に備えた送配電設備を増強する。
  • 2020年までに関連設備投資は合計で1兆円を超える見通し。
  • 大崎電気工業【6644】
    • スマートメーターの計測機能部分を担う
  • 明電舎【6508】、高岳製作所【6621】
    • NAS電池向け交直変換装置などを手がける
  • シンフォニアテクノロジー【6507】
    • 風力発電関連

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

【映画評】プレステージ

この映画を見たのは、IMDb Top 250で74位だったことと、「ダークナイト」の監督のクリストファー・ノーランが監督をしているからです。

この手の「最後まで結末が分からん系」は、後味の悪いものが多くて、この映画もご多分に漏れず、後味が悪い。これは、人間の幸福のパターンは少ないが、不幸のパターンは無限にあるため、結末を分かりにくくするには、不幸な結末とせざるを得ない。その点、IMDb Top 250で1位の「ショーシャンクの空に」は、最後に主人公が幸福になって終わるので1位なのである。

映画を見てから時間がたって、この映画の本質は、「謎解き」ではなくて、「目的を達成するために人生の大切なものを犠牲にする人間の哀れさ」を描いていることに気づいた。

科学者:「あなたはこの機械を使うことのCost(犠牲)について考えたことがありますか?」

結局、主人公の2人(?)は、人気マジシャンの地位を得るが、多くを失ってしまう。たとえ、そうなると分かっていても、目標達成にとりつかれた人間は、それをやめるなどということはできないのだ。

ところで、この科学者が発明する機械が、「Ctrl+X(移動)」ではなくて、、「Ctrl+C(複製)」というのは、コンピュータ的で笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

レアメタル関連銘柄

レアメタル関連銘柄を整理しました。

http://www.geocities.jp/redrain_67/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も来年もずっとずっと暗い年

アイデアの素:http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100103

日本人の賃金水準は高すぎるので、国際標準の賃金水準になるまで、日本人の賃金水準が下がり続けます。
だから、暗いのは、今年だけでなく、日本人の賃金水準が、中国・インド並みになるまで続きます。
(もしかすると、人口規模は近いバングラデシュ並になるまで)

まず、切れるところから、ということで、派遣の人を超低賃金にした。
次に、新卒の人たちの採用を抑制して、『正社員階級』には入れさせない。
(君たちは、低賃金水準の『派遣階級』に甘んじてください)

さて、いよいよ『正社員階級』の特権剥奪の順番かと思いきや、政権交代。
『正社員階級の特権死守』を最大目標に掲げる人たちが権力の座についてしまった。

現状では、新政権の人たちは、『派遣階級』の人たちに、「君たちも正社員になれば、おいしい思いができるよ」とかなわない夢を見させることによって、『正社員階級の特権維持』に成功している。

かくいう私は、『正社員階級』です。
「次は自分の順番か」と真剣に心配しましたが、あと4年は大丈夫のようです。
頑張れ、民主党!!!
夢を見ている『派遣階級』の人も一緒に応援してください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

日本経済の未来/原田泰、週刊ダイヤモンド 09/12/26号

  • 「高齢化」は問題でないが、「少子化」は問題である。
  • 毎年、労働生産性が2%成長すれば、「少子化」は克服できる。
  • 「輸出依存」は問題ではない。そもそも日本は輸出に依存していない。
  • 日本の輸出依存度(GDPに対する輸出額の割合)は20%以下で、アメリカより大きいが、欧州主要国よりは小さい。
  • 純輸出(「輸出額」-「輸入額」)が極端に拡大することはない。得意分野での輸出額が大きくなれば、苦手分野の輸入を増やすことになるからだ。
  • これまで、日本は高級材を欧米に売って利益を得ていたが、今後は、中流階級向けの消費財を新興国に売らざるを得ない。
  • 日本には、これができると思う。もともと日本は、「中流階級向けの消費財」が得意だったし、バブリーな商品から中流向けに転換したのは、バブル崩壊時に経験したことである。
  • 新産業や科学技術の振興は、経済成長には貢献しないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »