« ドルコスト法の限界 | トップページ | 日本経済の未来/原田泰、週刊ダイヤモンド 09/12/26号 »

2009年12月31日 (木)

財政赤字は悪くない/山崎元、週刊ダイヤモンド 09/12/26号

  • 「国の債務」は、『現在と将来の橋渡ししなければならない資金』の運用対象としてニーズがあり、多くの金融取引のベースとなっている。
  • 国の財務は「ゼロ」が良いわけではない。問題はその適正規模である。
  • マクロ的なポートフォリオ選択の観点からは、政府債務が過大であるという兆候は意外なほど見つけにくい。
  • 政府が過大になれば、日本の貨幣価値が低下し、インフレが起こるはずだが、実際にはデフレが起こっている。
  • 国内消化率が高い。外国人に消化を依存するようになるとデフォルトの危険が高まり、国際市場も経済も不安定になりやすいが、そのようなこともない。
  • 長期金利が上がった場合の金利負担を強調する論者もいるが、物価も成長率も上がらない状況で金利だけが上がることはない。
  • 金利が上がるということは、誰かが高い金利でも金を借りるということだが、いったい誰がこのような環境で資金を借りるというのか?
  • 成長やインフレは税収を増やす。不景気で失業が増え入ることの方が心配だし、目下の問題はデフレなのだ。
  • 現状においては、財政赤字を拡大させて需給ギャップを埋め、資金需要を作り出した方がいい。これは貨幣とマクロ経済の環境整備にすぎない。

|

« ドルコスト法の限界 | トップページ | 日本経済の未来/原田泰、週刊ダイヤモンド 09/12/26号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/32811066

この記事へのトラックバック一覧です: 財政赤字は悪くない/山崎元、週刊ダイヤモンド 09/12/26号:

« ドルコスト法の限界 | トップページ | 日本経済の未来/原田泰、週刊ダイヤモンド 09/12/26号 »