« 研究開発費の削減方法<行動経済学を活用しよう> | トップページ | 自動車用リチウムイオン電池 »

2009年11月18日 (水)

自動車下請け企業 「やめるなら今だ」

http://member.diamond.jp/series/ecocar/10016/?page=3

 今年10月半ば、名古屋を訪れた際、現地の自動車業界関係者からこんな声を聞いた。

 「ここ2、3年で、中京地方のティア2・ティア3(自動車メーカーの第二次下請け、第三次下請け企業)は自主廃業するだろう」。その理由は、リーマンショック以降の不安定な発注や、今後到来する自動車の電動化に対応するための先行投資へのためらい、今後のさらなるコスト削減に対する挑戦意欲の減退、など様々だ。

こうした企業は、従業員100人以下の家族経営であり、現状で無借金経営が多く、「止めるなら今」という判断があるようだ。

|

« 研究開発費の削減方法<行動経済学を活用しよう> | トップページ | 自動車用リチウムイオン電池 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/32258976

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車下請け企業 「やめるなら今だ」:

« 研究開発費の削減方法<行動経済学を活用しよう> | トップページ | 自動車用リチウムイオン電池 »