« 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 | トップページ | 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 »

2009年10月21日 (水)

日立/住友電工/キャノン/南米のテレビ

◆日立
  • 4~6月期の営業利益:▲505億円
  • 2010年4月期の営業利益予想:300億円
  • 自動車機器関連が200億円の赤字。厳しい受注状況が続く。
  • 社会インフラとITの融合で、スマートグリッドなどに標準。

◆住友電工
  • 中国の通信設備投資。
  • 第3世代携帯電話の基地局をつなぐ光ファイバーケーブルの需要が底堅い。

◆キャノン
  • ロシアの売上が前年の半分

◆南米のテレビ
  • 南米各国のテレビの地上波デジタル放送の規格が日本式となる。
  • ワンセグ携帯の技術が使えるが、カシオと携帯の設計部門を統合するNECは、経営資源を投入できないため、南米進出は考えていない。

|

« 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 | トップページ | 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/31876335

この記事へのトラックバック一覧です: 日立/住友電工/キャノン/南米のテレビ:

« 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 | トップページ | 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 »