« 日本郵船 | トップページ | 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 »

2009年10月19日 (月)

ホンダ/東京電力/中国・ブラジル

◆ホンダ 日刊工業新聞 09/10/19
・系列部品メーカー75社に国内生産が70万台になっても利益が出せる体制に移行するよう指示した。
・過去の生産のピークは130万台。09年度は100万台規模。

◆東京電力 日経ヴェリタス 09/10/18
・コスト増要因:環境税の導入。次世代送電網の構築。
・柏崎の7機の原発は順次再稼働の予定。
・5月に復旧した7号機はトラブルで運転停止。全面復旧の目処は立たない。

◆中国・ブラジル 日経ヴェリタス 09/10/18
・中国は、今が人口ボーナスのピーク。生産人口は2015年から減少する。
・すでに沿岸部は先進国並みの高齢化が進む。
・一方、ブラジルはこれから人口ボーナス期に入る。

|

« 日本郵船 | トップページ | 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/31850536

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ/東京電力/中国・ブラジル:

« 日本郵船 | トップページ | 大手ゼネコン 2008年度 財務指標 »