« 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 | トップページ | iVDR 国際規格へ »

2009年10月28日 (水)

ホンダ 日経新聞 09/10/28

売却後に値上がり。
よくあることではある。
2番底まで待機。

  • 2010年3月期の決算(米国会計基準)の連結純利益は、前期比13%増の1550億円となる見通し。
  • 従来は60%減の550億円を見込んでいた。
  • ハイブリッド車などの低燃費車が国内・新興国で想定以上に好調なため。
  • 自動車大手で増益を見込むのはホンダだけで他社を大きくリードしている。
  • 近藤副社長:「米国は機微石井が、新興国の需要が持ち直している」
  • 為替レートは、下期85円を想定。新興国通貨については、円安方向になっているためドル安の影響は少ない。
日経ブロードバンドニュース 近藤副社長の会見
  • 世界の自動車市場は補助金と減税で支えられている。
  • イギリスを除いて、今年中に助成は打ち切られる。
  • 来年度に反動が来ることを覚悟している。
  • 当面、販売が伸びても設備の増強は行わない。

|

« 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 | トップページ | iVDR 国際規格へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/31971610

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ 日経新聞 09/10/28:

« 銀行 from 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 | トップページ | iVDR 国際規格へ »