« バットマン ビギンズ&ダークナイト | トップページ | 東洋経済 090725 トヨタ土壇場 »

2009年8月15日 (土)

日本経済はV字回復する 長谷川慶太郎



◆基本認識
  • 今後は、デフレの時代が続く。そうなれば余剰資金が金融市場に流れこむことになるので、金利は大幅に低下する。
  • デフレが定着するれば、低金利が長期化する。もし高金利の金融商品があれば、それは詐欺である可能性が極めて高い。
  • 投資先を求める余裕資金は確実な公共事業投資に向かう。
  • 19世紀の24年間のデフレにスエズ運河、パナマ運河、アメリカ大陸を東西に結ぶ3本の鉄道、シベリア鉄道が低金利の長期債を原資に作られた。現在がまさにそのような時代である。

  • 金融危機による消費不況対策として、社会資本の整備がある。その資金は国債の発行でしかまかなえない。
  • デフレ下では、物価が下がるだけでなく、金融面では巨額の余裕資金が滞留する。日本の定期預金の増加ペースは1日に1兆円にも上る。
  • これほどの余裕資金のある国の経済が破綻することはない。
  • オバマ大統領は、幹線道路(ハイウェイ)と光ファイバー網(情報スーパーハイウェイ)の二つのハイウェイ整備によりアメリカ経済の不要と雇用問題の解決を図ろうとしている。

◆中国
  • 中国は支配体制の延命策として、公共事業を行っている。
  • 中国の技術レベルは、低付加価値の消費財についての加工貿易のレベルを脱していない。
  • いつ、どのような形で農民工の不満が爆発するか分からない。水面下では、暴動に備えて、人民解放軍をの動員計画を着々と進めている。

◆原子力発電所
  • 原子力発電所の建設技術は、もはや三菱重工業、東芝、日立製作所の3社に集約された。
  • 原発用の大型発電機、タービン等の重要部品等を製造できるメーカーは海外には存在しない。
  • 現在建設中の原発は、36基、計画中が93基となっている。今後、20年間に新設される原発は150基という予測もある。
  • 原発の関連企業として重要なのは、圧力容器等を製造しているIHIである。

◆LNG関連
  • LNGの輸送船の製造技術は、川崎造船、三井造船、LNG基地の建設は、千代田化工建設、日揮が強い。

◆薄型テレビ
  • 「薄さ」だけにこだわった日本メーカーは全敗し、安さだけを追求して、トップダウンで変わり身の早い韓国のサムソン・LGと中国メーカー1社ぐらいが残るだろ。



◆とりまとめのページ

|

« バットマン ビギンズ&ダークナイト | トップページ | 東洋経済 090725 トヨタ土壇場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/30965864

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済はV字回復する 長谷川慶太郎:

« バットマン ビギンズ&ダークナイト | トップページ | 東洋経済 090725 トヨタ土壇場 »