« 画一的な構成員だけで成り立つ組織 | トップページ | 【ブログへの書き込み記録】Chikirin 小沢一郎氏の“本当の功績” »

2009年8月31日 (月)

衆議院選挙 当落結果の整理

■小選挙区で当選
福田康夫自民元総理大臣
森喜朗自民元総理大臣(「森の伐採」ならず残念!)
塩崎恭久自民
古賀誠自民
大島理森自民
加藤紘一自民
茂木敏充自民
小渕優子自民
菅義偉自民
谷垣禎一自民
石破茂自民
細田博之自民
高村正彦自民
辻元清美社民

■比例で復活
伊吹文明自民派閥会長
町村信孝自民派閥会長
中川秀直自民
武部勤自民元幹事長
与謝野馨自民財務・金融相
小池百合子自民
野田聖子自民
額賀福志郎自民
甘利明自民
高市早苗自民

■落選
山崎拓自民元副総裁
中川昭一自民元財務・金融相
丹羽雄哉自民元厚相
海部俊樹自民元総理大臣
久間章生自民元防衛相
笹川堯自民党総務会長
堀内光雄自民元党総務会長
柳沢伯夫自民元厚労相
尾身幸次自民元財務相
深谷隆司自民元通産相
佐藤ゆかり自民
片山さつき自民
今津寛自民
根本匠自民
赤城徳彦自民
船田元自民
太田誠一自民
石原宏高自民
松浪健四郎自民
橋本岳自民橋本龍太郎の二男
太田昭宏公明党代表
冬柴鉄三公明元国交相
北側一雄公明党幹事長
綿貫民輔国民新党代表
亀井久興国民新党幹事長
津島淳無所属津島雄二の長男
橋本大二郎無所属元高知県知事


◆総論
  • いずれやるべき「政権交代」をやったということで、意味があった。
  • これでようやく「政権交代をした後、どうするか」という問題を考えることができる。
  • 民主党は、「自民党以外でも政権保持が可能である」という認識が世の中に定着するまでは政権を保持しておいて欲しい。
  • 次は、理念によって政党が形成されることを望む。(これまでは、「政権交代をさせないという目標で団結している政党」、「政権交代をするという目標で団結している政党」と「特定1テーマの主張の政党」しかなかった。)
  • そもそも、どの政党も野党になる可能性があることが認識されたので、「与党の政党から立候補する」という発想が無くなったことが大きい。
  • ところで、幸福実現党、いくら金を使ったのだろう?

◆自民党で落選した人
  • 落ちた方が良かった人:多数
  • 惜しい人が落選してしまった:少数(柳沢伯夫だけ?)
  • 落選の逆境を乗り越えて、強くなって戻ってきて欲しい人:佐藤ゆかりと片山さつきだけ?

◆公明党
  • 結局、「権力」とつながるとはこういうことなのだ。
  • 「おいしい汁」も吸える代わりに、「権力」がこけるときには、道連れになるということ。
  • ところで、幹部の人たちが重複立候補しなかったのは、なぜでしょう?
  • (1)本当に勝てると思っていたから、(2)そうしなければ組織をまとめることができなかったから、(3)逆風は自民党にだけ吹くと思っていた、のどれでしょう?。
  • 共産党と共通する問題として、「少数の人にだけ強く支持されている政党は、投票率が上がると弱い」がある。まさか、自分たちの根源的な問題を知らなかったわけでもなかろうに。
  • 「投票率が上がること」=「対立候補への得票が増えること」
  • 自分たちの支持者は、暴風雨になろうが、行楽日和であろうが、選挙に行って投票してくれるが、それ以外の人たちを自分に投票させることは難しい。(だって、主張に偏りがあるのだから)
  • 何となく選挙に行って、公明党や共産党の候補に投票する人などいないのだ。
  • 【選挙に当たっての基本認識 その1】自分たちへの得票数は固定しているが、対立候補への得票は流動的である。
  • 一方で、何となく選挙に行く人は何を期待するのか? それはおもしろいこと、例えば、与党幹部の落選のような・・・。それに加えて、対立候補が美人だったりすれば、もうイチコロ。
  • 【選挙に当たっての基本認識 その2】流動的な対立候補への得票について、自分たちに不利な方向へぶれる要因はあるか? →答え:ある。
  • (1)与党幹部が落選したところを見てみたい、(2)美人候補やタレント候補に投票してみたい、・・・など。
  • 結局、「今回の選挙の投票率は高い。(世の中の関心が極めて高い)」と「有権者が何を望んでいるのか」ということに気づかなかったことが敗因である。

◆国民新党
  • 残ったなかで、うるさいのは、亀井静香だけか?
  • 郵便局関係者以外で、今更、郵政を元に戻して欲しいなどと誰も思っていないのだ。
  • 今後も、郵政民営化反対などと主張するのだろうか? それとも、そんな手垢の付いた主張は忘れて、民主党(なんといっても与党だ)と合流するのだろうか?(民主党にとっては、衆議院の3議席はどうでもいいが、参議院の5議席は大きい)

|

« 画一的な構成員だけで成り立つ組織 | トップページ | 【ブログへの書き込み記録】Chikirin 小沢一郎氏の“本当の功績” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/31177782

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙 当落結果の整理:

» 北側幹事長敗れる…大阪16区 [堺市 賃貸]
選挙終わりましたね。予想通りの民主党圧勝ですが、勝ちすぎの感もあります。堺市の方は一番注目していたであろう大阪16区。 [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 15時44分

« 画一的な構成員だけで成り立つ組織 | トップページ | 【ブログへの書き込み記録】Chikirin 小沢一郎氏の“本当の功績” »