« 長谷川慶太郎 『それでも「平成恐慌」はありません』 | トップページ | 「大搾取!」の要約の要約 »

2009年7月12日 (日)

本田技研 キャッシュフローの推移

◆キャッシュフローの推移
買ってしまった。2600円×100株。
有価証券報告書に示される過去5年間、一貫して、営業CFを超える金額を設備投資に当てている。
構図としては、下記のようになっている。
[営業CF]+[長期借入金]→[固定資産の購入]
理解としては、これまで十分に投資してきたから、後はキャッシュインだけと見るのか、これから膨大をな減価償却費負担が生じて、利益率に大きく影響すると考えるのかによって分かれる。
どっちかな?

(百万円)
会計年度 営業CF 投資CF 財務CF 現金期末残
2004年度 785,170 -797,785 94,773 772,786
2005年度 580,640 -699,967 19,923 716,788
2006年度 904,525 -1,130,704 423,410 945,546
2007年度 1,126,918 -1,686,399 688,001 1,050,902
2008年度 383,641 -1,133,364 530,862 690,369


◆とりまとめのページ

|

« 長谷川慶太郎 『それでも「平成恐慌」はありません』 | トップページ | 「大搾取!」の要約の要約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/30519307

この記事へのトラックバック一覧です: 本田技研 キャッシュフローの推移:

« 長谷川慶太郎 『それでも「平成恐慌」はありません』 | トップページ | 「大搾取!」の要約の要約 »