« XBRLの使い方 | トップページ | サンドラッグ 2008年度決算 »

2009年6月30日 (火)

大前研一 「日本のアメリカ化」が始まっている

SAPIO 2009/4/25号
「最強国家ニッポン」の設計図

◆かつてのアメリカ
70年代から80年代にかけてのアメリカは、製造業が国外に逃げてしまった。
これまで、アメリカ企業に競争力がなくなってしまったという分析が主流だったが、実態は大きく違っていた。
実はアメリカ企業は衰退していたわけではなく、労働コストの安い海外に出て行って、グローバル化しただけだった。
ただ、統計的には、「アメリカの生産が減り、海外からの輸入が増えた」ということになる。

◆歴史
歴史を振り返ると、安い労働力を求めて海外に出て行った産業・企業が自国に戻った例はない。
ひとたび海外に出て行った企業は、多少、為替をいじっても、景気がよくなっても戻ってこない。

◆最近の日本
キャノンは中国やベトナムに大規模な工場を持っている。ニコンは高級一眼レフカメラをタイで作っている。
このような「日本のアメリカ化」は今後さらに進展する可能性がある。
日本は労働コストが高いだけでなく、雇用規制が強まっている。
アメリカは製造業がだめになっても、ソフトウエアや金融ビジネスが残ったが、工業製品以外で日本には輸出するものがない。
「日本が未だ強い部分」
  • 製造装置の領域:工作機械、組立機械、金型機械
  • 製造業の上流:シリコンウエハー、フォトレジスト
  • 「製品」より「素材」、「材料」:液晶パネル、ガラス板、接着剤

|

« XBRLの使い方 | トップページ | サンドラッグ 2008年度決算 »

賢人の考え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/30341179

この記事へのトラックバック一覧です: 大前研一 「日本のアメリカ化」が始まっている:

« XBRLの使い方 | トップページ | サンドラッグ 2008年度決算 »