« 鹿島建設 2008年度決算分析 | トップページ | 大成建設 2008年度決算分析 »

2009年6月18日 (木)

バフェットが語る2009年の世界経済

日経ビジネス 2009/01/05号

根源的な価値(intrinsic value)を持つ企業に投資する。大きな案件をねらう。玩具や遊具のような小さい事業を探しているわけではない。
  • もともとは割安株への投資を行っていたが、今では割安さよりも根源的な強さにこだわるようになった。

夏に来るコマドリを待っていては、春は終わる
  • 逆境の時に積極果敢に攻める企業を評価する。
  • 「技術研究と製品開発への取組が瀬長への先行投資となる。厳しい環境でもそこに力を注ぐ」

金融業は、シンデレラのように損失が出る前に帰るほどうまくできていない。危機脱出に万能薬はない。

|

« 鹿島建設 2008年度決算分析 | トップページ | 大成建設 2008年度決算分析 »

賢人の考え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232853/30171161

この記事へのトラックバック一覧です: バフェットが語る2009年の世界経済:

« 鹿島建設 2008年度決算分析 | トップページ | 大成建設 2008年度決算分析 »